平成28年度 特定医療法人社団鵬友会 湘南泉 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - - - 10 13 80 368 1053 669
当院の入院医療の主たる対象は高齢者となっていますが、若年世代の患者様への医療も展開しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病名なし 66 27.90 21.25 12% 86.27
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病名なし 17 20.88 12.43 0% 79.64
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
患者様の年齢層を反映し、誤嚥性肺炎、尿路感染症が多くなっています。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病名なし 321 24.82 21.25 10% 85.44
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病名なし 70 22.61 12.43 3% 84.05
050130xx99020x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病なし 35 35.48 25.02 23% 89.57
060035xx04xx0x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 28 3.0 4.78 0% 63.89
100330xxxxx1xx 栄養障害(その他) 処置2あり050 22 21.00 36.32 68% 90.04
患者様の年齢層を反映し、誤嚥性肺炎、尿路感染症が多くなっています。加齢に伴い心機能が低下した患者様も多く、心不全の治療件数も多くなっています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病名なし 36 18.11 21.25 22% 86.38
050090xx99x0xx 心内膜炎 手術なし 処置2なし 14 18.21 25.38 14% 87.78
100330xxxxx1xx 栄養障害(その他) 処置2あり 11 34.54 36.32 73% 84.09
- - - - - - -
- - - - - - -
誤嚥性肺炎が多くなっていますが、心臓弁膜症に伴う慢性心不全の患者様も多数診療しています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病名なし 124 1.66 9.99 5% 85.50
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病名なし 50 1.56 13.60 12% 85.34
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
患者様の年齢層を反映し、誤嚥性肺炎、尿路感染症が多くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010069xx99000x 脳卒中の続発症 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病名なし 124 1.66 9.99 5% 85.50
01021xxxxx0x0x 認知症 処置1なし 定義副傷病なし 50 1.56 13.60 12% 85.34
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 16 13.37 11.97 0% 84.56
- - - - - - -
- - - - - - -
脳卒中の後遺症や認知症に伴い経口摂取が困難となった患者様に対して胃瘻造設術を実施しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 66 31.04 27.63 9% 86.24
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
患者様の年齢層を反映し、大腿骨骨折の患者様が多くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 10 - - - - - - 1
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - 14 - 1
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
近年では、大腸癌を始めとした消化器系疾患に対する内視鏡的手術も実施しています。大学との連携下、実施件数も増加傾向にあります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 14 30.14 84.64
重症 15 22.86 87.93
超重症 - - -
不明 - - -
当院では、誤嚥性肺炎に関しても、比較的軽症の患者様から超重症の患者様まで幅広く診療しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 44 27.36 87.29 23%
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 13 17.61 82.69 0%
その他 - - - -
当院では3テスラのMRIによる撮像が可能であることから、急性期の脳梗塞に対する治療も行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 47 24.52 25.02 13% 81.17
K721 内視鏡的ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝未満) 34 0.50 1.38 0% 64.61
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石を伴う) 15 5.92 18.52 8% 86.84
K654 内視鏡的消化管止血術 13 6.00 18.00 38% 84.30
- - - - - -
脳卒中の後遺症や認知症などにより経口摂取が不十分となった患者様に対して実施される胃瘻造設術の件数が多くなっています。また、大腸癌の存在の可能性が疑われる大腸ポリープに対する内視鏡的手術や胆石症や胆菅結石症に対する内視鏡的手術にも積極的に取り組んでいます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K461 骨折観血的手術(大腿) 59 3.74 26.25 8% 85.74
K081 人工骨頭挿入術(股) 10 3.50 27.90 10% 86.50
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
当院の患者様の多くがご高齢であることから、大腿骨骨折に対する観血的手術が多くなっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 20 0.86%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
入院医療における重篤な合併症として生じる可能性のある敗血症や播種性血管内凝固症候群(DIC)などの病態の発生率は極めて低い水準に抑えられています。
更新履歴
2016.9.30
平成27年度病院指標を公開しました。
2017.9.30
平成28年度病院指標に更新しました。