平成27年度 特定医療法人社団鵬友会 湘南泉病院 指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数
 14 101 394 1,040  793
【解説】
 当院の患者様の平均年齢は80歳を超えており、高齢者、超高齢者の診療実績は豊富なものとなっています。当院の診療に対する患者様やご家族からの信頼は厚く、繰り返し入院される患者様も多数おられます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x01x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病あり 59 29.10 40.88 22% 83.80  
040080x099x0xx 肺炎,急性気管支炎,急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 処置2なし 23 20.17 14.34 9% 80.35  
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 13 24.00 12.60 15% 85.54  
【解説】
 患者様の平均年齢が80歳を超えていることを反映し、80%以上の患者様が肺炎を主たる傷病として入院されています。治癒あるいは軽快に至り退院される患者様が大半を占めています。また、急性期病院として、3割程の患者様は急性期を脱した時点で他院へと転院して頂いています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 52 22.12 21.69 21% 84.63  
050090xx99x0xx 心内膜炎 手術なし 処置2なし 17 19.71 25.16 6% 88.47  
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 14 13.07 12.60 7% 84.29  
【解説】
 患者様の年齢層を反映し、当科においても肺炎の患者様が最も多くなっています。加えて、心不全に対する治療に関しても積極的に取り組んでいます。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 270 22.56 21.69 11% 86.72  
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 56 18.16 12.60 2% 91.57  
050130xx99020x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病なし 35 30.37 26.02 17% 84.38  
【解説】
 当科におきましても患者様の平均年齢を反映し、肺炎の患者様が多くなっています。ほとんどの患者様が治療により治癒あるいは軽快されています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 121 23.36 21.69 9% 85.88  
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 59 16.07 10.15 2% 86.75  
040080x099x0xx 肺炎,急性気管支炎,急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 処置2なし 19 25.56 14.34 16% 85.95  
【解説】
 当科においても超高齢の患者様が大半を占めており、やはり肺炎の治療が主な診療内容となっています。他科における肺炎の診療と同様に、ほとんどの患者様が軽快または治癒が得られています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010069xx99000x 脳卒中の続発症 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 131 2.01 10.85 3% 84.09  
01021xxxxx0x0x 認知症 処置1なし 定義副傷病なし 47 1.74 13.61 13% 86.04  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 29 14.76 11.97 0% 87.14  
【解説】
 脳卒中の後遺症や認知症などにより摂食・嚥下機能が低下し、経口摂取が困難な状況となっている方々に対する胃瘻造設および胃瘻チューブの半年毎の交換に関して、従来より積極的な取り組みを行っています。蜂窩織炎に対する抗生剤の注射による治療なども行っています。また、新たな非常勤の外科医を迎え、今年から腹腔鏡下の消化器の手術にも取り組んでいます。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 10 30.32 28.70 17% 87.25  
160820xx01xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 骨折観血的手術等 30.03  
160820xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 手術なし 定義副傷病なし 28.70  
【解説】
 高齢者の転倒などによる大腿骨の骨折に対する手術(年間100件以上)をメインに診療を行っています。術後のリハビリにも力を入れています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌
11 1 第7版
大腸癌
1 第7版
乳癌
1 第7版
肺癌
26 1 第7版
肝癌
1 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【解説】
 超高齢の患者様が大半を占めるという当院の特性上、癌の積極的精査や治療を行う機会は多くありません。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0
重症度 1
重症度 2 29 23.76 85.35
重症度 3 26 33.42 88.73
重症度 4 13 24.54 87.54
重症度 5
不明
【解説】
 当院に肺炎で入院される患者様は軽症から最重症までと幅広くなっています。年齢層も40代の方々から100歳超えの方々までと広範な年齢層の患者様の診療に当たっています。 
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 55 31.73 86.04 22%
その他 17 32.94 83.76 6%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内        
その他 20 12.30 88.15 5%
【解説】
 当院では3テスラのMRIを導入しており、神経内科の常勤医が3名の体制となっていますので、脳梗塞の診療についても積極的に行っています。なお、「I679 脳血管疾患、詳細不明」につきまして、「発症日から3日以内・その他」の項目において、患者数がそれぞれ10人に達しなかったため合計値を掲載しました。
 
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 44 6.07 15.00 2% 85.30  
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 42 0.45 1.19 0% 66.79  
K664 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 36 17.67 36.00 14% 84.64  
【解説】
 総胆管結石や胆嚢結石などに起因する胆管炎や胆のう炎、閉塞性黄疸などに対する内視鏡的手術、大腸癌疑いのポリープに対する内視鏡的切除術(EMR)、認知症や脳卒中後遺症などに伴う経口摂取困難な状況にある患者様に対する胃瘻造設術等に従来より積極的に取り組んでいます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0022 デブリードマン(100cm2以上3000cm2未満) 11 1.36 35.27 27% 79.73  
K644 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 11 10.46 25.46 18% 85.18  
K0021 デブリードマン(100cm2未満)            
【解説】
 当院にはADLが低下したいわゆる寝たきりの患者様も多数受診されています。こうした患者様は栄養状態も概して悪化していることが多く、褥瘡が生じやすい状況にあります。褥瘡治療のための入院も受け入れており、壊死組織の切除(デブリードマン)も適宜実施しています。加えて、認知症や脳卒中の後遺症などによる摂食・嚥下機能障害に起因する経口摂取困難に対する胃瘻造設術も従来より積極的に取り組んでいます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 72 3.94 23.53 19% 87.79  
K811 人工骨頭挿入術(股) 36 4.72 27.00 14% 85.78  
K0482 骨内異物(挿入物を含む)除去術(大腿)
 
【解説】
 当院の患者様の年齢層を反映し、転倒等による大腿骨骨折に対する手術も例年100件以上実施してます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる 69 93.24%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
【解説】
 超高齢の患者様が多いという当院の特性上、患者様の免疫能は低下していることが多く、病名としても肺炎や尿路感染症などの感染症が多いため、稀に敗血症を併発する(感染症で入院した患者様の1%未満)ことがあります。
更新履歴
2016.9.30
平成27年度病院指標を公開しました。