<診療内容 ・ 特色>

形成外科とは、先天的または後天的に生じた身体の変形や欠損を、整容的(見た目)にも機能的にも改善し、生活の質の向上や早期社会復帰を目指す診療科です。
熱傷、顔面や手足の外傷、皮膚の良性・悪性腫瘍及びその再建、傷跡の修正、母斑、血管腫、瘢痕、ケロイド、褥瘡や糖尿病に起因する下肢の難治性潰瘍などにお悩みの方はまず受診してください。

 
 

 

大 塚 尚 治
昭和大学医学部卒
<専門分野>
形成外科一般
癪痕・ケロイド
悪性腫瘍
難治性潰瘍
<所属学会資格等>
日本形成外科学会専門医
皮膚腫瘍外科分野指導医
日本褥瘡学会認定医 他