ごあいさつ


本郷クリニックの田口でございます。
本郷クリニックでは、第一に、地域に根ざした医療を行ってまいります。近隣にお住まいの皆様が、気軽に訪れ、相談できるクリニックを目指してまいります。
その上で、前院長から引き継いだ呼吸器疾患や私の専門分野である循環器疾患では、一定の専門性も兼ね備えた診療を行ってまいります。
他の分野でも、その時々のスタンダードな医療をふまえた上で、それぞれの患者様に応じた治療を行ってまいります。
確かな知識と技術の裏付けのある、暖かい医療を目指します。
みなさまのかかりつけ医として、どうぞよろしくお願いいたします。

 

院長紹介

 

院長  田口 誠一郎

【資格】
日本内科学会総合内科専門医、日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医、病院総合診療医、日本医師会認定産業医、ICD(感染制御専門医師)、難病指定医、がん緩和ケア診療加算資格、高齢者総合評価資格など

【学会】
日本内科学会、日本循環器学会、日本呼吸器学会、日本アレルギー学会、日本超音波医学会、日本プライマリ・ケア連合学会、日本病院総合診療医学会、日本感染症学会、日本老年医学会など

【経歴】
私は、何でもみられる医者、家族や親戚の具合が悪くなった時すぐ診てあげて適切な対応ができる医者を目指していました。
その思いを抱いたまま、医学部卒業後すぐ(当時は大学で充分な臨床研修を受けることは困難でした)、市中の第一線臨床病院で勤務を開始し、それぞれの指導医のもと、呼吸器・消化器・循環器・腎臓(透析)・神経内科など内科全般、外科、小児科、往診を含む診療所での診療などの研修を行いました。特にまだ夜間の救急医療態勢が未整備な時代、当直時に、心臓マッサージを受けながら救急車で搬送される患者さん、急性心筋梗塞、糖尿病性昏睡など多彩な重症患者さん、転倒など外傷・打撲の患者さん、乳幼児の発熱などなど、様々な患者さんを夜を徹して診させて頂いた経験は、私にとって宝物です。また、夜間に発作が多いという性質上、喘息の患者さんは大人子供を問わずひっきりなしに来院されました。病気だけを診るのでなく病人をみるという基本姿勢、チーム医療なども学ばせて頂きました。
その後、特定の分野を深く掘り下げる為、循環器内科を専門分野に選び大学に戻りました。翌年助手を経て、国立循環器病センター心臓内科で循環器全般及び心エコーの最先端の知識・経験を学びました。
その後、初代教授が定年退官後院長に就任された東京労災病院循環器科で働かせて頂きました。忙しいながらも活気のある病院で、他科との連携も良く、診療も研究も充実して行わせて頂きました。また救急は断らないとの方針の下、当直時・救急当番時は循環器内科以外の救急患者さんも多数経験させて頂きました。
その後、医療福祉の連携・リハビリテーション・在宅医療などを学ぶ機会を経て、このたび、本郷クリニックに赴任させて頂きました。
どうぞよろしくお願いいたします。

昭和60年 和歌山医大 卒業
和歌山生協病院
和歌山医大循環器内科
国立循環器病センター心臓内科
東京労災病院循環器科
済生会新泉南病院
平成29年 医療法人社団鵬友会 本郷クリニック 院長

 
医療法人社団鵬友会本郷クリニック 〒246-0015横浜市瀬谷区本郷3-20-21 045-304-2017