クリニックの特徴

 小阪名誉教授

 院長あいさつ

 

あしたばメンタルクリニックは、小阪憲司・横浜ほうゆう病院院長横浜市立大学名誉教授に監修をお願いしています。
小阪憲司・横浜市立大学名誉教授のご専門は認知症の臨床と脳病理の研究です。
今では本邦でも二番目に多いと認められるようになった「レビー小体型認知症」の疾患概念を提唱したことで、世界的に知られています。

小阪憲司・横浜ほうゆう病院院長横浜市立大学名誉教授・略歴

1939年、三重県伊勢市に生まれる。
金沢大学医学部卒業後、名古屋大学医学部精神医学教室講師。
1975年、東京都精神医学総合研究所副参事研究員。
1976年、大脳皮質にも多数のレビー小体が出現する認知症を報告。
その後、アルツハイマー病の発見者であるAlzheimerやレビー小体の発見者であるLewyがいたことのあるミュンヘン大学精神医学研究所を前身とするMax-Planck精神医学研究所の客員研究員。
同研究所において、ドイツ人の認知症の症例でもレビー小体が認められることを発見し、これがヨーロッパでの初めてのレビー小体を伴う認知症の報告となった。
1980年、レビー小体病という名称を提唱  
1984年、びまん性レビー小体病を提唱。
1991年、横浜市立大学医学部精神医学教室教授に就任。
1995〜1997年、同大学医学部付属浦舟病院長。
1995年、イギリスで第一回国際ワークショップが開催され、これまでの研究成果がレビー小体型認知症(DLB)として命名された。
2003年まで同大学附属市民総合医療センター精神医療センター長を兼務。この間、多数の学会の会長を務めた。
2003年、横浜市立大学医学部精神医学教室名誉教授および、福祉村病院院長および長寿医学研究所顧問に就任。聖マリアンナ医科大学東横病院研究所所長を兼任。
2006年、The 4th International Workshop on DLB and PDD を横浜で主催した。
2007年、横浜ほうゆう病院、第二代院長に就任。
2007年、第一回レビー小体型認知症研究会を主催。以後も毎年同研究会を主催.
2011年、横浜ほうゆう病院院長を勇退。あしたばメンタルクリニック顧問
現在、横浜市立大学名誉教授。
日本神経精神医学会・日本認知症学会・日本神経病理学会および日本老年精神医学会の名誉会員。
レビー小体型認知症研究会・若年性認知症研究会代表世話人。
精神医学編集委員。
著書に「パーキンソン病・レビー小体型認知症」「レビー小体型認知症の臨床」「認知症の防ぎ方と介護のコツ」「レビー小体型認知症の介護がわかるガイドブック」「知っていますか? レビー小体型認知症」「認知症はここまで治る」「トーク認知症・臨床と病理」「アルコール依存症の最新治療」「老化性痴呆の臨床」「老化性痴呆と抗痴呆薬」「ウエルニッケ・コルサコフ脳症」など多数。

http://www.rivastach.jp/visit/08/id_088.html

 

| 鵬友会 | クリニックの特徴 | 診療案内 | アクセス | 関連施設 | リンク集 | サイトマップ | トップページ |